421人抱いた元自慰マスターの私がモテるために熟読した本7選

とうとう400人以上の女性と経験を持ってしまいました。

正確な人数というのは数えていませんが、ナンパを始めて年100人ペース5年以上経過しているのでもっと多いかもしれません。ちょっとした小学校の全校生徒よりも多いのではないかと自分の性欲の強さに少しびっくりしています。

今となっては計算上では3,4日に1日ペースで新規の女の子とセックスし続けている私ですが、実は私昔はかなりの非モテだったのです。

というのも、高校は男子校でずっと部活ばかり。そもそも女の子との接点が皆無でAVばかり観ていました。

そんな環境にいたスポーツ男子の私は大学に入ったところでいきなり女の子と喋れるようになる訳はなく、私の女性恐怖症はますます進行していったのです。

女の子と授業でとなりに座ってしまったため、緊張のあまり寝たふりしたり、クラスが一緒の女の子を見つけるとわざと知らんふりをしたり。キモいと思われてるんじゃないかと妄想までし出してしまい、女子がいるから学校にも行きたくないと思うほどでした。

これがめちゃめちゃ悔しかったんです。

家に帰ればAVばっか見てるのにリアルの世界じゃ、目の前の女の子と目を見て話すこともできず、口説くこともできない。

そんな自分が本当に嫌でなんとか克服したいと思ったのです。

考えた末、当時の私は「女の子にモテないのはモテるための情報やスキルが足りないから」だ!と行き着きました。それからというものネットでモテ系の書籍を買いあさり、ノートにまとめ、モテるために大事なことを必死に学んだのです。

それから少し時間が経ったころでした。

少しづつコツを掴んだ私はなんと同じサークルの先輩とセックスすることができたのです!

それから合コンやクラブへ通いだし、あれよあれよと経験人数が30人を突破していたんです。

この頃にはああ、こんな自分でもイケるんだとなんとか自信が付いてきました。女性を知れば口説けるようになりますし、女の子から好意を持ってもらうこともできます。これがモテるということかと腑に落ちた感覚を当時得たものです。

そんな私が満を持して?実際に読んだおすすめの良書を紹介させていただきます。当時ネットで色々探し購入した本は30冊以上ありましたが、使える本に絞っています。(紹介するものには最近買っておすすめしたいものも含まれております。)

女の子とセックスしたい人、コミュ力をアップさせたい人、早く童貞を捨てたい人は読むと参考になるかもしれません。

私がモテるために熟読したおすすめ本7選

モテる技術

当時童貞だった私には「モテるための11のルール」を見た時、衝撃が走りました。

モテるための11のルール

1. セックスを哀願したりしない
2. 誘いをかけるのは男の仕事だが、最終決定権は女性にあることを知っている
3. 女性の「ノー」に動じない
4. 常に複数の女性を追いかける
5. いつも自分から行動を起こす
6. 常に出会いのチャンスを窺っている
7. 常に目標を見定めながら行動する
8. 自分の都合を優先する
9. 根マテの女性の友達になったり、相談に乗ったりしない
10. いつでもためらわずに女性から離れていける
11. 苦労のあとを見せない

モテるためには優しくてアリも踏めないようなイケメン王子様にならなければいけないのでは?と思っていた当時の私のイケメン像を全て否定されました。

アメリカの本を翻訳された本なので日本の文化に合わない箇所が多々あるのですが、「モテの本質」というのは一緒です。なお、この本で紹介されるのは女の子に向き合う時のマインドやトーク、見た目にもしっかり言及している点です。イケメンでなくても清潔でトークがしっかりできれば、女の子をしこたま抱けると希望を抱かせてくれた素晴らしい本でした。

そもそもモテとはなんなのか?どうやったらモテるのか?を知りたいなら、導入としておすすめだと思います。

LOVE理論

女性からも「使える! 」と絶賛された、男のための恋愛マニュアル。「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、
恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師・水野愛也が独自に展開する恋愛理論、それが「LOVE理論」。
女が本当に求めている優しさを解説した「うわっつらKINDNESS理論」、出会いを増やすために知っておかなくてはならない
「日本代表理論」、そして、女の心と体の秘密を書いた「DK(ディープキス)心変わり理論」などなど、恋愛のあらゆる場面で
使える理論が満載。
「笑える! 」のに「実際使える! 」恋愛のノウハウを説いた実用書にも関わらず、最後は感動もあり、女性からも支持・絶賛。

水野敬也さんの大好きな本です!

この本で学ぶべきところはその本質です。話の枝を見れば、そのまま使える技術というのは少ないし、マネしたら頭おかしいと思われる可能性もあります笑。自分のキャラをベースにトークの戦略を考えることが大事なのか!とこの本を読んで築くことができました。ある程度女の子に慣れ始めてから読んだ本でマニュアル通りではなく、オンリーワンの戦略を考えるに至りました。

読み物としても面白いしおすすめですね。

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル

モテるために必要なのは金でも、ルックスでも、名声でもない!最高の女を必ずオトすハリウッド発・非モテ男脱出計画。

女の子の扱いに慣れてきてサークルやコミュニティでセックスしまくりを荒らしまくってた時に読んだ本です。

さすがに同じコミュニティで何人ともセックスすると良くない噂が立ちだします。ではどうしたらもっとセックスできるのか考えた末に、「そうか、ストリートナンパをすればいいのか!それならコミュニティも何も関係ない!」との考えに至ることができました。

こちらも海外から日本訳された本ですが本質を捉え、日本用に考えれば十分使えます。この本を読んだことが私がナンパ師として活動することに至りました。

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール

どんな人とも会話が続く方法を、ポイントを押さえて分かりやすく説明しています。あらゆる場面に対応できるように、会話フレーズを豊富に紹介。
これ一冊で自然体で話せるようになったり、相手の反応がとてもよくなったり、場を盛り上げられたりと、さまざまな効果が表れます。

タイトルに釣られて購入した本でしたが良かったです。

女の子ってデートの最初って緊張しているものなんですよね。

こんな経験ありませんか?なんだか和めず当たり障りのない話をされたり、緊張が伝わってきて距離を近づけることができない。私は一度ここで壁を感じたことがありその時にこの本を見つけました。会う人誰とでも15分以上話すことができたら、あなたのトーク力は確実に1段階レベルアップするでしょう。

モテ力も地道なコミュニケーション能力のアップからです!おすすめ。

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

「会話を盛り上げたい」
「楽しく雑談をしたい」
とは思うものの、実際には、
「盛り上げようと思ったら、かえって静まった」
「なかなか話が続かない」
などと、いうこともよくあります。

楽しく会話ができる人は、どこでも一目置かれます。

でも、大体の場合、「自分から盛り上げよう」と思うとうまくいきません。
でも、ちょっとしたコツで、驚くほどラクに話が盛り上がるようになるのです。

映像化させながら相手の話を聞くというのが印象的な本でした。

女の子のつまらない話も「なぜ?」「どうやって?」でうまく突っ込みどころを引き出しましょう。落ちのない話をする女の子も質問する力を磨けば、オチを作ってあげることができます。これってモテる条件の1つだと思いませんか?

人は見た目が9割

喋りはうまいのに信用できない人と、無口でも説得力にあふれた人の差はどこにあるのか。女性の嘘を見破りにくい理由とは何か。すべてを左右しているのは「見た目」だった!顔つき、仕草、目つき、匂い、色、温度、距離等々、私たちを取り巻く言葉以外の膨大な情報が持つ意味を考える。心理学、社会学からマンガ、演劇まであらゆるジャンルの知識を駆使した「日本人のための非言語コミュニケーション」入門。

「イケメンでなくても北川景子を口説く方法はある!」と考えていた当時、このタイトルを見て絶句したのを覚えています。

それからと言うもの私は自分の見た目に気をつけるように変わりました。やはり少しでもイケメンである方がいいに決まってます。見た目は大事ですよ。

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

どこで何を買えばいいのか、どう組み合わせるのか、このような基本的な知識を身につけることで、服選びの手間は大きく省くことができます。
いますぐ自分のファッションを見直し、人生を大きく変えましょう!

服選びはモテの基本です。

人は見た目が大事なのでどんな格好をしているのかというのは本当に大事です。この前ナンパした時なんて、私の服の格好が好きだからセックスしたなんて言ってきてくれた女の子がいました。オシャレ男子はモテるのです。

モテ本のまとめ

何事も大事なのは経験です。

モテるための方法だって例外ではありません。

最初は誰だって童貞。徐々にできるようになって自信がついてくるものです。そのために大事なのは失敗を恐れずガンガンアプローチすることです!男は抱いた女性の人数で決まる訳ではありませんが、セックスしたいのに恥ずかしさや自信のなさでそれをしないなんて勿体無いことだと私は思います。

セフレの作り方と一緒に読むと参考になると思います。

気に入った本があったら是非読んでみてくださいね!楽しいセックスライフが待っています。