初心者のための素股マニュアル!ちゃんと知らないと性病になっちゃうよ

いまや風俗のフィニッシュとして王道を往く感のある「素股」

上手い風俗嬢(以下、「嬢」)になると、本当にセックスをしているような錯覚を起こさせてくれます。

筆者(取材歴25年の風俗ライター/♂)は、素股の感覚を実地でも味わおうとして、つい当時真剣交際していた女性に「今日は素股でイかせてよ!」とお願いして“怒られ&呆れ”られた事もあったくらいです(笑)。

上級者の素股はあまりの気持ち良さに「こんなにホンモノみたいなら、挿れても同じではないか」と、店で本番をシようとしたりする客も少なからずいるそうです。

しかし、法で禁止されているうえに「怖い人」の御指導もあるようなので、「つい入っちゃって」というのはご法度です。

気をつけてくださいよ、そんな言い訳は通用しませんから…。

それと、素股に関して誤った認識でいると性病にかかって悲惨な目に遭う可能性があるのも忘れてはいけません。

今回は実は知っているようで知られていない「素股概論」をお送りします!

そもそも素股とは

チンコをローションでヌルヌルに塗りたくって、嬢の太モモやそのほかの感じさせる部位で挟んで摩擦、またはその動きに手も呼応させて擦って射精させる行為を素股と呼んでいます。

素股プレイの歴史と背景

“素股”プレイは、端的に言うと風俗店で用いられるフィニッシュの形態のひとつ。非本番プレイのなかにあって疑似的セックスの快感を得られる事から、いまや人気です。

この技が一般的に知られるようになったのは、約20年前に東京で一大風俗店グループがメニューに取り入れた事が始まりと言われています。

店種としては、箱ヘル、イメクラでした。

この辺、時代を感じさせますよね。デリバリーは“非合法”なところしかなかったし、そういった店は「本番」が当たり前でしたからね。

現在は店の主流がデリヘルなのは言うに及びませんが、そこで盛んなのが「素股」なのです。

ただし、歴史を紐解くと「素股」という語は出て来ませんが、20年前以前から明らかに今で言う素股と思えるプレイは存在していたのも事実のようです。

江戸時代の遊郭では、嫌いな客に対して行ったプレイとして記されていますし、もっとさかのぼると『源氏物語』での男色のシーンでも使われていたりもします。

最近(と言っても第二次大戦後)では、赤線・青線の遊郭が廃止直後にできたスチームで体を解きほぐす初期の「ト〇コ風呂」で特別に行うプレイを「オスぺ」と称して手ヌキをしていました。

文学の世界では吉行淳之介が『夕暮まで』で、女子大生がオリーブオイルを使って一線を越えなかったシーンも描かれています。

1980年に映画化された時は、桃井かおりが演じて話題になっていましたっけ。こちらも、見方によっては素股でしょう。

このように、単なる“本番もどきの疑似プレイ”ではなく由緒ある(!?)行為と肝に命じて男女ともに素股に臨んでください!
(※客側にいたっては、吹聴すると「うんちくオヤジ」と嫌われるたり面倒くさがられるので、あくまで知識として胸の内にしまっておいてくださいネw)

素股とマンズリとの違いは?

素股とマンズリの境界線が、現在の風俗界では混沌としているのが現状です。

ひらたく言うと、マンズリは当然ながら挿入はしませんがマンコのビラビラや土手の高低差、ワレ目の外周部分を使って射精させるプレイを指します。

マンコとの接触アリです。

一方、素股とはオマンコとチンコの接触はさせないで、主に太モモ(の内側)や尻肉のワレ目、下腹部などをフルに使う行為の事です。

よって、マンコとの直接の接触ナシです。

要するに、チンコを刺激する道具としてマンコを接触させるか否か、が相違点というわけです。

“今さら”という店側の意識と忙しさから、新人研修でおざなりになっているケースも実際にはありますから。

嬢の方々は、客に指摘されてもやんわりと“論破”するくらいの知識を備えていた方が、自分の体のためにはイイに決まっていますよ!

それだけ、この違いを理解していない嬢や客が意外と多いという事です。

挿入していないので法的な問題はないにしろ、嬢にとってはマンズリを生でヤれば妊娠の恐れがあるので十分に注意してください。

途中からコンドームを使用しても、カウパー腺液が既に漏れているケースはザラにありますから。この注意は普通にセックスをする時と何ら変わりません。

素股で性病になるってマジ?

直接の結合がなくても、生で性器を擦りあえば“粘膜接触・粘膜感染”しますので素股でも性病は感染します。

先述したカウパー腺液や精子にはさまざまな菌が含まれているので要注意です。

「素股だから性病にはかからない」という都合のいい風評に惑わされずに、風俗のプレイでも「セーフティ・セックス」を心がけて、コンドームは装着してください。

衛生管理の徹底している店・研修が行き届いている店の方が安全度が高いのは当然としても、性病に感染したら“稼げなくなる”ので、嬢の皆サンにおいては自己管理を徹底しましょう。

素股でも発病する性病と症状

尖圭コンジーマ

ヒトパローマウィルスが原因で発症する性病です。

皮膚の外傷や粘膜から接触感染するので、シャワー時などはよ~く股間周辺を観察していてくださいね。

発症すると性器や肛門、唇、口内などにイボができます。

1年程で自然治癒する場合がありますが、放置していると結構目立ってくるので、そのイボを見たら客は引きますし出勤停止は免れないです。

なので、ベセルナクリームを塗って治療できるので、早めに対処してください。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは皮膚や性器の摩擦や損傷により、ヘルペスウイルスに感染することで発症する性病のひとつです。

読んで分かるように、ローションで滑りやすくしているものの“摩擦を最大の武器に”している素股プレイでは、要注意性病のひとつです。

これに感染すると、熱を帯びた際に起きるムズ痒さやオマンコの入口に赤いブツブツや潰瘍ができて、排尿時に痛みもともないます。

性器ヘルペスと並んで、顔や口唇に症状が出るのが口唇ヘルペスです。どちらも抗ヘルペスウィルス薬で治療するのですが、重度になると入院を要します。

症状もさることながら、ブツブツが見えた段階で店には出られないですよね。死活問題に直結しますので、ヘルペスも甘く考える事は禁物です。

毛じらみ

陰毛の接触で感染する小さな虫による性病です。

感染から1カ月くらいでもの凄い痒みに襲われる感染症で、以前はセックスで感染していた例も多かった記憶があります。

筆者の推察・経験から考えるとシャワー等の衛生面が今よりも格段に劣っていたからだと思われます。

何せ、お風呂がない家も多くありましたから(筆者注:そんなに昔の人間ではありませんが…w)。

直接の素股プレイだけではなくて、バスタオルを介しても感染する可能性もあるので、そうなるとお手上げですよね。

マメに入浴したり洗浄したり、はたまた男女ともにパイパンにして、巣食う“陰毛”ゾーンをツルツルにしても完治するというわけではないのでスミスリンシャンプーで治療します。

梅毒

セックスなどによって梅毒トレポネーマが感染することで発症する性病のひとつ。

以前は「不治の病」と恐れられていた性病です。

症状はともかく、病名だけは聞いた事がある人も多いでしょう。

感染から数カ月経過すると、性器に硬いしこりができます。

しこり自体はすぐ消えるのですが、これで治ったわけではなく、病原菌は全身を蝕み、リンパ節の腫れや、身体中に赤い発疹が出てきます。

身体のさまざまな部位に影響を及ぼす「不治の病」だったのです。

現在はペニシリン薬が使えるので、そこまで悪くはなりませんが治療の遅れは危険(なんの病気にも言える事ですが)なので、早期治療は必須です。

以上、この四症例が素股で感染する代表的な性病です。

感染を完全に防ぐ方策は残念ながらありませんが、とにかくプレイ前のシャワー時には客のチンコをよく見て、自分の手で洗ってあげながら客の感じ方等の様子を観察しておく事が肝要です。

その際には、イソジンを混ぜたボディソープを使ってチンコを洗ってあげてみてください。

染みるそぶりを見せたら危険信号ですよ。

店側のスタッフに報告・相談してサービスの“継続をどうするか”を善処してもらってください。

亀頭部にブツブツがある客も同じです。

嬢は体が資本、体あっての稼ぎ、なのですから。

この確認作業で困難なのは、デリヘルであらかじめ客が先にシャワーを済ませて待っている場合。この時は、さりげない触診や目視を怠らない事につきます。

当然、プレイの時のコンドーム使用は大前提なのは言うまでもナイです。

素股が大きな要因とは言えない性病にも注意!

病気の話しが出たところで、素股が大きな要因や感染経路とは考えにくい性病についても軽く触れておきましょう。

主なところでは、クラミジアやカンジタ、B型肝炎、エイズなどが挙げられます。

「常に清潔(特にデルタ周辺)にして、コンドームを使う」という事しか言えないケースも多いですが、“自分の体は自分で守る”事を忘れないでください。

加えて、店内でのプレイだけに限らずにプライベートでも「セーフティ・セックス」を心がけておくのも重要です。

とかく男性は“生”でシたがりますが、パートナーとじっくりと「2人のセックスについて」を話し合う事は必要なのではないかと思います。

風俗客のあわよくば挿入してしまえ精神

素股プレイに限らずに、風俗客の中には「店で本番シちゃったよ~」と自慢する風潮があるようです。

だいたい合法な許可店では、サービス内容に「本番」は含まれていません(名目上は「ソープ」もです)。

嬢サイドとしては断固、挿入されないようにしなくてはいけません。

お客様は神様、そういう認識がある男性客ほど嬢に横暴になる傾向が…

風俗店だけではなく、他の業種でも「金を払っている客なんだから、何をしてもいいだろう!」と、やたらと威張る人っていますよね?

そういう意識が根底にある客は、キャバでも風俗でも、たいがいモテません(笑)。

別に嬢にへりくだる必要はありませんが、どの道お金(料金)を払うのならば、綺麗に遊びたいものです。

そういう「お客様は神様」(Ⓒ三波春夫先生、例えが古すぎて分からない人は自分でググってネw)的な思考の持ち主が特に多いのが風俗の世界。

嬢を上から目線で見たり、どこか蔑んでみたり…。

そのような客がついて、フィニッシュに素股を要求してきたら要注意です。

禁止だというのに、「あわよくば挿れてやろう」と狙っている場合が多いんですよね。

それも「ローションが滑りすぎて、弾みでマンコに入ったみたいだけど気づかなかった」とか「あまりに(素股が)上手いんで入ってしまった」とか、上から目線だったはずが、しらじらしく「弾み」を強調してくるんです。

訳の分からない理由になると「騎乗位で跨ってきたから、挿れていいのかと思って」なんていうのも。ここまで来ると、呆れます。

当然、「そっち(嬢の方)が下手だから、その気はないのに本番してしまった」と強気に出て、逆ギレして全てを嬢のせいにする強者もいるのだから手に負えないです。

そんな時はすぐさまスタッフを通して店側の“偉い人”に、話しをまとめてもらってください。そこでは「お客様は神様」などという理屈は通らないし、法も味方してくれます。

そして、たとえ弾みでも本番されないようにするには正常位素股や騎乗位素股等々、どんな体位であれ客のチンコを両掌でしっかりとホールドしながら擦ってみてください。

立ちバックでは難しいですが、これならマンコに入れられるという事故が起こる確率はグ~ンと減るはずです。

そもそもデリヘルは挿入禁止のサービスである

そういった本番をシたがる風俗客に対していつも思うのは「法」を犯している、という意識があるのかという事です。

風俗店を新規開店する時の申請は公安委員会(警察署が窓口)で行います。営業許可を必要とする“お役所”で認められている店には「本番のできる店」はないのです。

確かに、デリヘルが以前には嬢を自宅やホテルに派遣して売春をする(させる)「デリバリー風俗」というのが流行した時期もありました。

高級コールガールも存在していて、筆者は都内一流ホテルのエレベーターで“それっぽい”ご婦人と乗り合わせた事も数度あります。ブロンドのモデル風や超がつく美人etc…。

時代が平成になってからは「DC」(デート・クラブ、デート・サークルの略)が大流行したのも記憶に新しいところです。

 

これらは、モロに“セックスあり”の非合法な売春行為なのです。

こうした非合法で本番アリの裏風俗(当時は裏という意識さえ希薄)を経験している男性だからこそ、デリヘル=本番もイイのでは?という思考回路になっているんですね。

ただし、あくまでも非合法だという事もお忘れなく。

本番行為を安価なデリヘル料金で済ませようとすると、手痛いしっぺ返しが待っている現実を嬢の皆さんは客に“それとなく”教えてあげてください。

近年ではサイト広告でも「それらしい」店には取り締まりの波が押し寄せているのも事実です。

当局の目も厳しくなっているので、もう少し正規のデリヘルのありがたみを感じてもバチは当たりませんよ。

Twitterで垣間見れるクソ客の闇

ここでは、主にデリ嬢が客に対してどんな思いを抱いているのかや「こんな事を言われた」「店とこんなやり取りがあった」というような事をTwitterを通して見てみましょう。

生の声は滑稽だったり切なかったり(あまり無いけど)、いろんな事象が垣間見えるので、検証するには適した素材です。

これを見ていると、デリで本番をシようとする輩が実に多い事が分かりますよ(「#クソ客のいる生活」参照)。

嬢の声から推察するデリヘル等の風俗の現状

この辺は“言葉のみ”ですから、実害がないのでマシですよね。百戦錬磨の嬢にとっては、効果はないでしょう。このように同じ“言葉口撃”でも、本番狙いに巧みに(と自分だけ思っているww)誘ってくる客もいるので新人嬢(のみ)要注意です。

先に解説した素股とマンズリの違いを利用して、「まずはマンズリ」→「そこからニュルっとチンコを滑らせて挿入」というのがパターンみたいですね。それを差し引いても、“マンズリ”の需要も高いようです。

ホントに素股とマンズリの違いを明言できない嬢もいるので、ちゃんと学習しておきましょう。客側からすれば、“確信犯”も多いです。

 正しい素股を身につける必要がある

このように客はアノ手コノ手を使って、ハプニングやアクシデントを装って本番行為を狙ってきます。

特にデリは密室に客と2人っきりでいるのですから、注意してください。正しい素股の技を身につけて、正しい射精を促して気持ち良くさせてくださいね。

正しい素股の方法とやり方

客に挿れられないためにも、性病に感染しないためにも正しい素股のヤり方をマスターしておきましょう。

熟練になればなる程、店から店を渡り鳥できるし、筆者のようにプライベートでも活用してもらえると非常にありがたいですから(笑)。倦怠期予防にもなりますヨ!

前段階が重要なのはセックスと同じ

プレイ時間がスタートしたからといって、いきなり服を脱がせて素股を始めて「はい!一丁あがりぃっ!!」という嬢はいないとは思いますが、念のため(爆)。

客がシャワーがまだならチンコの性病チェックを兼ねて一緒に洗って、スキンシップを高めたいところです。

現在は恋人感覚の“いちゃいちゃ感”がもてはやされているので、ムードを盛り上げるにも持ってこいですよね。

そこからベッドに移動して、いよいよ素股と相成るわけですがここではローションをたっぷりと使うのがコツです。

あのヌルヌルは何よりもセックスを連想させるし、滑るほどに疑似感は高まりますから。

チンコ周辺だけではなく、乳首やアナルホール寸前の位置まで愛撫しながら塗ったくってあげてください。

そうする事によって勃起力が高まってきながらも、主導権は嬢が握れるのでローションは大きな武器にもなるのです。

大量にローションを使えば、それが皮膚や粘膜を覆う事にもなるので性病予防にもつながります。

この時に自分の手にもローションをたっぷりと塗っておいて、滑りを良くしておいてください。

なお、筆者が吉原の高級ソープ店を取材した際には、嬢は自前でブレンドしたローションを持参していました。

中身については企業秘密との事なので詳しくは書けませんが、既成品のローションにハチミツやフルーツフレーバー、ミントなどを混ぜて、皆それぞれ工夫していたのが印象的でしたね。

「とっくにヤってるわよ」という嬢にとっては釈迦に説法で申し訳ないですが、まだの人がいたら試してみるのもイイかも。

射精後のローション拭き取りが心配かも知れないですが、こちらも自前の「塩を使ってるわ」と吉原嬢は教えてくれました。

どんな体位の素股でも「手」でガードするのが基本

素股の体位もいろいろとありますが、嬢によって得手不得手もある事でしょう。

なのでここでは、オーソドックスな例を挙げておきます。あとは、自身の習熟度に合わせてアレンジしてみてください。

はじめに大前提として記しておくと、セックスのように性器を結合させて位置や角度を合わせていくのではないので、ある程度勃起してきて「いよいよかな」という段階になったら必ずチンコをホールドして、勝手にマンコに向かっていかないように誘導する事。そうしないと、本番されてしまいます。

体位によってチンコの握りは、両掌・片手・順手・逆手・V字(人差し指と中指で挟む)と、それぞれ適した形が違ってきます。

また、嬢各人によってそれぞれ微妙に“握り”がアレンジされている場合も。

それでも基本は“手でマンコを守る”事なので、くれぐれもおろそかにしないよう心がけていてください。

正常位素股

嬢が仰向けの(セックスでいう)正常位の姿勢で行います。

この時にはマンズリにならないように両手ないし片手で握ったチンコをマンコの上方へと誘ってください。

下腹部から臍にかけてくらいが標準的な擦りの位置になります。

この時に嬢は両モモで客の体を挟んだり、脚を胴に巻き付けたりすると“ホンモノらしさ”が倍増する事でしょう。

当然ながら、喘ぎ声も派手に上げて臨場感を醸し出すのも忘れずに。

騎乗位素股

「意外!」と思われるかも知れませんが、素股の体位として一番多いと言っても過言ではないのが騎乗位です。

嬢からすると本番されにくいし、客側からすると下になって仰向けで横になっているだけなので“楽”なのがウケがいい要因だと思われます。

ヤり方は、チンコごと跨ぐ感じで上になってローションでヌルヌルになった尻肉に挟んだり背中に押し付けたりして上下に擦ります。

その時に「基本」の手でチンコをホールドするのは難しいのですが半身に振り向く姿勢で片手でシコシコするのならできるはず。

客としてはローション越しですが、陰毛のゴワゴワした感触も確かめられて気持ちイイし嬢にとっては、あらかじめチンコをマンコから離れた後方に置いているので挿れられる恐れもありません。

コツは、ただチンコを抑え込むのではなくて、後ろ手の状態で上下にピストン状にシゴいてあげる事です。慣れれば、新体操の経験がなくてもできますから安心してください(笑笑)。

対面座位素股

嬢と密着するので“いちゃいちゃ度”が高い体位の素股と言えるでしょう。

あぐらの姿勢を取ってもらった客に、正面から向き合ってチンコを手でシゴきながら嬢は腹に押し付けたりパイズリしたりと角度を変えれば多彩なバリエーションで発射させる事ができます。「テクあるなぁ」と思わせる素股の体位なんですね。

ただし、万人向きではないのが難点。客と嬢がともに“ぽっちゃり体型(腹が出ているという事ネ)”だと、上手くいかない事が多いんですよ。

この辺の事情はセックスと変わりません。

以上、代表的な素股の体位について解説してみました。

ほかにもデリヘルでシティホテルやラブホを使う場合には広いスペースを利用して「立ちバック素股」もアリでしょう。

この場合はモモに挟むのが基本なのですが、それだけでは不安も。ですから、片手を添えて、その手で片モモづつ擦りつけてみてください。

箱型の店だと狭くてできませんが、ホテルなら可能です。

併せて忘れてはいけないのが、演技でもいいので「喘ぎ」も効果的に使うという事。

これは風俗店に限らず、普段のセックスでも実践しているかも知れませんが…。

素股サービスがある風俗

はじめから「手コキ」や「リフレ」と謳っている店は除いて、まずフィニッシュとしてオーソドックスなのがフェラですよね。

素股はオプションにしている店(特に箱ヘル等の店舗型)が多いですが、オプションメニューにラインナップしておいて、わざわざ「素股=0円」としている店も出てきました。

それだけ素股は、フィニッシュ技として一般的になったという証しです。

デリヘルは素股が多いですけど。

デリヘルでのフィニッシュといえば“素股!”

たいがいの店で普通に発射させる時に素股を使っています。

合法店の場合、シャワー、愛撫、フェラと盛り上げて行って最後に本番の代わりに行うオーソドックスな手順になっています。なお、特別なオプションをリクエストした場合は、この限りではないです。

「ヌキの王道」ヘルスも健在

基本的にはデリヘルと同じで、箱ヘルでも素股はオーソドックスな形態になりつつあります。ただし、回転率を上げるために敬遠しがちな嬢も中にはチラホラと。

指名ではなくフリーで入った時や初めての店では、受付で「素股ができるかどうか?」を確認した方がいいですよ。

イメクラにも“掘り出し企画”があるかも!?

シチュエーションプレイを楽しみたいなら、イメクラに限ります。

レギュラーで通年ヤってはいなくても、イベント時にパンティ越し、ブルマー越し、水着(スク水もありますよw)越しでの素股をヤっている場合もあるので、お店のサイトや広告はマメにチェックしておきましょう。

デリヘルでも、こうした「イメクラ的要素」を取り入れていく動きも出てきた程です。

素股しなくても良い素敵な男性を見つけるならアプリ一択

風俗は言うまでもなく、「糧を稼ぐための場」。

それならば視点を変えて、「定期に会える男性」に絞ってパートナーを探してみるのも選択肢のひとつかも知れません。

そこでは当然、素股をする事もないでしょうから(他の事はスルのでしょうが)。

近年、より身近になったスマホを使ってそのような活動をしている女性も増えてきているのも事実です。

ここでは、その代表的なマッチングの場(ツール)を紹介します。

パパ活アプリ・サイト

「パパ活」の本来の意は“肉体関係なしでお金に余裕のある年上男性とデートや食事を共にして、お小遣いをもらう活動”や“肉体関係なしで経済的援助を受ける現代の新しい男女の関係”なのだそうです。

本筋とは離れますが、そのショート版として「ギャラ飲み」みたいなのもあります。筆者は「そんな都合のイイ話しって、あるのかなぁ?」と常々思っていたのですが、取材を重ねていくうちに信じられるようになってきました。

「足長おじさん」と言えば分かりやすいでしょうか? パパと呼んでいるんですけどね。

もちろん、マッチングされて会ってみて、その先はどうなるかは2人次第です。“その先”をシないと、副業程度しか見込めない現実もあります。

ただ、恋愛系や婚活系のマッチングアプリ・サイトとは違ってはじめから「パパ」を探すためのモノだという事なので、お互いに「分かっている」ので話しは早いです。

実際にはヤリモクや金〇を介したエッチ目的の男性会員が多いので、稼ごうと思えば稼げます。

「シュ〇ーダディ」や「パ〇ィ67」、「ユニ〇ース倶楽部」「パ〇」「東〇レ」等々、専用アプリ・サイトがあるので自分と相性の合うアプリ・サイトに入会すればいいでしょう。女性は無料のところが多いので、複数のアプリ・サイトに入るのも“手”です。

慣れないと、どこが優良でどこが怪しげ(&危険)なのかを判断するのも難しいですが、Twitterなどでユーザーの生の声を拾ってみて検討するのもいいかも知れないです。

出会い系アプリ・サイト

こちらでは「足長おじさん」を探すというよりも「援助系」や「割り切り」を探すのに便利です。

ただし、パパ活専用アプリ・サイトとは違って男性会員の入会基準が緩いので“取りっぱぐれ”や“極端な値切り”には注意が必要ですよ。

ご丁寧な事に、男性によっては「素股希望!」とメッセージを書いてくるユーザーもいるので、プロの技を見せてあげるのもいいかも。

出会い系では「パパ活」とは呼ばずに「長期」とか「固定」のセフレと記す事も多いです。決まった収入を狙うのなら、この属性です。

パパ活では「ギャラ飲み」に限りなく近いケースもありますが、出会い系では聞かないです。「P〇MAX」をはじめ「ワクワ〇メール」や「ハッ〇ーメール」が有名です。

まとめ:正しい素股を覚えよう

ここまで素股について、つれづれなるままに書いてきましたが、これを機会にヤり方・注意点・気持ち良さ・危険性などの理解度を少しでも深めていただけたら幸いです。

要はコンドームを装着して、プレイ中には必ずチンコに手を添えていれば“弾みや不慮のオマンコへの挿入”といった「事故」も起こらないし、性病への感染も完全ではないにしろ防げるという事です。

素股の快感を分かってもらえれば、危険を冒してまでも本番をしようという気も起こらないはずですしね。

正しい素股のヤり方を覚えて、「気持ちよく発射してもらいたい」と嬢の方々も思っているはずです。そうすれば「疑似セックスを超えた気持ち良さ」を客に提供できて、なおかつ満足してもらえるのですよ。

それが指名を増やす事につながって、収入もアップする道なのですから。

素股をマスターして「稼ぎ」もジャンジャン増やして行こうじゃありませんか!