寝バックが男女ともに気持ちいい最強の体位なので紹介してみる

寝バックという体位をご存知でしょうか。

実はこの体位、女性がイキやすい体位なのに男性がイキにくくなるという夢のような体位なんです。

私自身、セフレの女の子やワンナイトの女の子を自宅へ連れ帰った際には必ず寝バックという体位をしていますが多くの女の子からも人気で「あれやって欲しい」とせがまれることも…

今回はこの最強体位、寝バックについて紹介させていただきます。

それではどうぞ!!

寝バックの良さを単刀直入にまとめる

冒頭でも軽く述べましたが「寝バック」、ほんとに良いことしかないんですよね。

  • 男性がイキにくくなる
  • 女性がイキやすくなる
  • ベッドに接する面が多いので疲れにくい
  • 玄人ぽく演出できるからモテる
  • 寝起きの朝セックスでも全く問題なし

その良さと理由をまとめさせていただきます!

男性がイキにくくなる

早漏の男性が多い日本人にとって最後の救いといっても過言ではないのが寝バック。

あなたは女の子にセックスで嫌われた経験、ありませんか?

私は何度もありますw

クラブでナンパした性欲強い女の子を相手にしていたら、バックが好きすぎる女の子だったんです。

早漏なりに我慢しながらバックで腰を振ったつもりでしたが女の子に「もっともっと」言われ、秒速2ピストンくらいの速度へ。

当然めちゃめちゃ気持ちが良いので早漏な私はすぐイッてしまいましたw

その結果、、、

女の子に「え?」と真顔で言われ、彼女は別の男をすぐに捕まえて別のラブホテルへ入っていきました。

いまでも彼女のゴミを見るような冷たい目つきが脳裏に焼き付いて、風邪を引いたり体調を壊したりすると見てしまう悪夢の一つです。

男性はイキにくい体質の方が明らかにモテます。

特に性欲強い女の子とセックスする時は早漏だと間違いなく嫌われますね。だから今この記事を読んでいるヤリチンのあなたには寝バックで戦ってほしい。

寝バックだと男性がイキにくい理由

実際やってもらったら分かるんですが、イキにくいというよりも「射精コントロールしやすい」という表現の方が正しいかもしれません。

寝バックしながらゆっくり挿入すればバックのように高速で動いたりしなくてもいいので圧倒的に自分でコントロールできる感がありますね。

諸説ありますが寝バックはもともと高速ピストンするための体位ではない上に、射精させるきっかけを作るピストンの可動域が狭いので構造上はイキにくいと言われています。

もちろん個人差はありますが、寝ながら後ろを向いてセックスしているので緩急をつけて腰を動かすような空気にもならないので良いですね。

ほら正常位とかバックって緩急つけてセックスしなければいけない雰囲気を女の子から出されるじゃないですか、あれが寝バックだと少ないというのもイキにくい理由にも繋がります。

女性がイキやすくなる

なんと寝バック、女の子がめちゃめちゃ感じてくれる体位の1つでもあるのです。

理由は挿入角度がGスポットを刺激しやすいから。

そもそも普通に挿入してGスポットを刺激することって他の体位では相性が良くない限り難しいのですが、寝バックは例外。

挿入中の男性器がGスポットにハマりやすく女の子が気持ちよくなってくれることが多いのです。

セフレになった女の子、ワンナイトでお持ち帰りした女の子、シンプルに彼女、どの女の子にも喜ばれるのが寝バックという体位です。

ベッドに接する面が多いので疲れにくい

寝バックは男性も女性もベッドと触れている面積が多い体位です。つまり、その分重力が掛からないので男女ともに楽な体位なんです。

正常位、通常のバックなら男性は膝に体重が掛かりますし、寝ていないので楽な姿勢ではないですよね。

でも寝バックなら全くと行ってもいいほど疲れません、寝ながらできるのまじ最高。

体力もそれほど使わなくていいのでセックスする時間も伸びますし、挿入している時間が長いほど刺激になれるので射精も遅くなります。

玄人ぽく演出できるからモテる

寝バックの良いところはこんなにいい事ずくめの体位なのに実際する男性が少ないところです。

多くの男性は正常位、騎乗位、通常のバックで満足して射精してしまいますよね、寝バックされたことがある女の子は少ない。

女の子はセックスするまでは顔や雰囲気の要素で男性を選びますが、セックスした後の男性はセックスや居心地で選ぶ女性が多いのも事実。

要は寝バックする男性はモテるといっても過言ではないのです。

他の男性と違う上に気持ちい寝バックができるなら何度も選ばれ続ける男として女の子に選ばれるでしょう。

これが玄人ぽく演出できる理由です。

遊んで落ち着いた男性がする体位だと個人的には思っていて、渋めの俳優さんがしがちな体位だと勝手に妄想しています。

そう、寝バックは小洒落た大人のオトコの嗜みなのです。

寝起きの朝セックスでも全く問題なし

朝起きて隣に可愛い女の子がいたらとりあえずキスしておっぱい触っていちゃいちゃしますよね。

そのままセックスまで発展してしまうことも多々あるのがヤリチン事情なのではないでしょうか。

低血圧な人は寝起きが良くないですから朝から激しいセックスやろうと思わないですよね。

朝から身体を起こして正常位やバックなんて面倒くさい、そんなあなたにも寝バックをおすすめしたいです。

寝バックなら寝ながらセックスすることができるので朝セックスにも向いています。

ハイレベルな寝バックをする方法

更にレベルの高い寝バックをする方法を伝授しましょう。

基本的に遊んでるヤリチンが使う技ですのでくれぐれも悪用しないように!セフレから連絡が来すぎて股間がもげそうになります。

挿入乳中にクリトリスを刺激!

寝バックて後ろからバックしながらも距離が近いので触ろうと思えば女の子の前の方に手を回すことができます。

尊敬するヤリチンの先輩に教えてもらった言葉をそのままあなたに伝えましょう。

それは、、、

「セックス中は使えるものは全部使え!」

です。

この公式を寝バックに当てはめてみたところ手を使っていないことに気が付きました。

寝バックしながら前に手を回してクリトリスを刺激してみたところ、女の子の反応が更に変わりました。

セックス終わった後に感想を聞いてみたところ物凄く良かったらしく、その時付き合っていた彼女が毎晩泊まりに来るように。

ただ手を回しながら腰振るとかなり抜けやすくなりますので丁寧にピストン運動をしましょう。

挿入前にローションを使う

エトロドレッシングかローションか区別できないときがあるくらい私は普段からペペローションを常用しており、当然の如く寝バックする時もローションを使っています。

先述の通り、寝バックはGスポットに当てやすい体位ですので、ローションを使うと更に出し入れがしやすいように。

こうするとヌルヌルでGスポットを更に刺激できるので女の子からしたらめちゃめちゃ感度の高いようになるようです。

ローションを使うとピストン中の可動域でちんちんが痛くもなりにくいのでその点でも利用をおすすめします。

使い方は簡単、ペペローションから小豆大チンコに乗せて伸ばすだけ、これだけです!

ペペローションは業界ナンバーワンローションともいわれていて、水分のあるうちはヌルヌルするんですが乾くとサラサラになるので使い心地も良いですよ!

寝バックの注意点

もちろん寝バックの注意点もあります!

しかし最初から知っていれば対策できるのでやりながら自分に合うように調整していきましょう。

ちんちんが抜けやすい

激しいピストンができない理由にもつながるのですが、しっかり重心を支えている箇所がない体位なのですぐペニスが抜けてしまうのです。

しっかり密着しないと抜けてしまい、何度も何度も抜けるようではガッカリさせてしまいます。

一度挿入したらどういう動きをしたら抜けそうか空気を読みながらピストン運動をしましょう。

おすすめは枕を女の子の下に入れ腰辺りに体重が掛かるように調整すると良いです。

コンドームが取れやすい

寝バックて女の子が足を閉じた状態でセックスするので締りが強くコンドームが取れやすいんです。

女の子の膣内にコンドームを忘れてきそうになる事案が多い体位ですので十分気をつけましょう。

対策としてはそしてゴムの根本まで挿入しないでもいいくらいしっかり奥までコンドームを装着することです。

ゴムの根本の部分を挿入しなければズレることがないのでかなり便利なんですよね。

コンドームが取れる原因は根本までしっかり装着できてなく、その部分ごと挿入してしまっているからですね。

まとめ:一度は寝バックを試してみて!

いかがでしたでしょうか。

早漏の方も、遅漏の方も、童貞の方も、ヤリチンの方も、ぜひ一度寝バックを試してみてください。

思ったよりイカない自分に驚くのと、思ったより女の子が感じてくれていることが分かると思います。

セックステクニックを鍛えてもっといい男を目指しましょう!